引越作業によって生じた筋肉痛への対処法

引越作業を行うと筋肉痛に悩まされることがあります。それは、普段使わない筋肉を使って炎症を起こしてしまうからです。


引越作業で筋肉痛が起こりやすい部分としては、腕と脚になります。腕の場合、重い物を何度も持ち上げることから炎症を起こします。脚の炎症の場合ですが、重い物を持ちながら移動すること、そして、階段を何度も上り下りすることで生じます。


では痛みが出たらどのような対処法を取ればいいのでしょうか。まず、痛みの原因が間違いなく筋肉痛と言えるのであれば、冷やすのが一番です。


筋肉に炎症が出た場合の対処法は、冷やすと言う人と温めるという人がいますが、炎症初期は冷やすのが基本です。それがよくわかるのが野球のピッチャーで投げた後には必ず肩を冷やしています。冷やす場合、やはり氷などを利用するのがいいでしょう。


コールドスプレーというものがありますが、コールドスプレーは瞬間的に冷やすにはいいですが、持続性がないので、炎症を抑えるために使うには向いていません。引越による筋肉痛であれば、数日間、冷やすことで炎症は引いていくはずですが、それでも痛みがあるという場合は、筋肉が切れているということも考えられるので病院へ行った方がいいでしょう。


安く引越しするなら無料で引っ越し業者を比較して選びましょう!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ