先負が含まれる六曜に配慮した引越日選び

先負は六曜においては、午前中が凶で午後が吉となる日です。引越日に六曜を重視する場合には、吉日を選んだほうが良いと信じられてきました。最近では占いの種類は多彩となった影響もあり、風水などを重視する場合もあります。


先負の日に引越をする場合には、午前中を避ければ運気が悪くはなりませんが、午後だけ作業をするほど気にする人は稀です。一昔前であれば本当に重視する人が多かったのですが、最近は仏滅と大安、友引の3つ以外は知らない人も多くなりました。


先負とは反対の意味を持つのが先勝です。先勝の場合は午前中が吉となり、午後が凶となります。どちらを選ぶかは自由ですが、冬場であれば早朝から引越作業を開始することは困難です。


冬であれば午後に吉となる先負の日を選ぶことも有効策となります。六曜は占いの一つですから、必ず当たるものではありません。


気にしすぎることはよくありませんが、配慮すべきなのは引越の挨拶回りの日です。挨拶をするときだけは、仏滅の日は避けたほうが人間関係を崩すことを防げます。自分は気にしなくても、相手が六曜を大切にしているならば尊重する必要もあります。


先負も先勝のことまで気にする年配世代のためには、引越の挨拶回りの日は大安を選ぶほうが安心できます。


安く引越しするなら無料で引っ越し業者を比較して選びましょう!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ