引越先で挨拶の粗品につけるのし紙

引越した後に、新しい住まいで近隣の方々へ挨拶を行うのが一般的です。希薄な関係になっている場合もありますが、挨拶だけは近隣に住むようになったというお知らせですのでマナーとして行いましょう。この際に、挨拶で粗品を持っていく時に、のし紙を付ける時に迷ってしまうこともあるでしょうが、赤白の蝶結びの水引ののし紙を付けます。


のし紙には上に「御挨拶」と書いて下には苗字を書きます。そうすれば、引越した際に名前を憶えてもらえるようになるばかりではなく、訪問したお宅の方も良い印象を持ってくれるようになります。


引越で渡す挨拶の粗品は、タオル、洗剤などの消耗品が適しています。食品では、賞味期限があったり嗜好が分からなかったりすることがあるからです。お店で引越しの挨拶に使う用途を申し出れば、紹介したようなのし紙を付けてくれるのが一般的です。


のし紙についてお店でどんなものを希望しているかを聞かれた場合にも、赤白の蝶結びの水引だと答えれば間違いありません。お店によっては、お客様の希望を聞いた上で選ぶケースもあるからです。


予めどのようなものを付けるのがマナーであるかを覚えておけば、引越してから粗品を渡しても失礼のない対応を心がけられます。


安く引越しするなら無料で引っ越し業者を比較して選びましょう!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ