引越に伴う国民健康保険の扱い

新しく住む場所に、引越ときにはさまざまな手続きが必要になります。その時に大切なことが、国民健康保険の扱いです。これは、病気やケガの時にすぐに必要なものです。


引越の際には、最も重要な手続きになります。まずこの引越の住所が同じ市町村の中の場合は、住所変更を届けるだけでそのまま使用ができます。


しかし、他の市町村から転入するときには、まず引越前の役所で転出届を出してもらいます。そして、引越をした新しい市町村の役所にこの転出届と身分証明証を持参して手続きをします。まずここで、新しく転入届けをだしてここでの住民票を出してもらいます。


そうして、同時に国民健康保険証もここでの住民として作成してもらいます。これは、この」手続きをしたときに同時に受け取ることができます。


この際には、まだ保険料金の計算ができないので費用はかかりません。また、引越前の国民健康保険料金は、日割りの計算になり後日郵送で振込用紙とともの料金の計算分が送られてきます。この国民健康保険は、日本では全員が保険に加入することが義務付けられています。


加入をすることで、病院での医療費の負担が3割になる制度です。そのために、継続して加入することになります。


安く引越しするなら無料で引っ越し業者を比較して選びましょう!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ