引越作業中の喘息発作に気をつける

引越作業を行っていると、ほこりなどが舞い上がることが多く、ほこりに対してアレルギーのある人や喘息、気管支炎などを起こしやすい人は注意が必要です。では、具体的にはどのような対処法が考えられるのかというと、まず、換気をすることです。


引越作業中は出来るだけ、窓を開けるようにしましょう。換気によって、空気清浄機を利用するよりも短時間に部屋に浮いているハウスダストを少なくすることが出来ます。また、部屋を掃除してから引っ越そうという場合は、掃除機を使うのではなく、ぞうきんを使って拭き掃除をするようにしましょう。


掃除機を使うと、喘息の原因になる小さなハウスダストが排気されて、部屋に充満してしまう可能性があります。ぞうきんで水拭きをすれば、ほこりはぞうきんに付着して舞い上がることはないので、空気が汚れにくいのです。


それと、引越作業の際はマスクをつけるようにしましょう。鼻まで覆えるような不織布マスクがいいですが、更に目が細かいマスクを使ってもいいでしょう。タオルなどを巻いて口元を覆うという方法もありますが、タオルは目が不織布マスクと比べて大きいので、小さなハウスダストを吸い込んでしまう可能性があります。


安く引越しするなら無料で引っ越し業者を比較して選びましょう!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ