引越の手続きとして本籍の変更は不要です

引越に際しては、いろんな公的な手続きが必要となってきます。タイミングとして、引越の前後に分けられます。前にするべきことは、現在住んでいる市町村役場に転出届を提出いたします。


ここで転出証明書が発行されますので、新しい住居のある市区町村役場で転入届の手続きをするに際して、この転出証明書が必要となってきます。次に、電力会社での手続きです。


電力会社に連絡して、念のために1週間前までには完了させておけば、後は安心です。また、今使っているガスの使用中止の手続きに必要となってきます。あわせて、新住居でのガスの使用開始の手続きを行います。


同様に、水道の使用中止の手続きを行わなければなりません。そして、郵便局へ転居届を提出します。


転居届を出しておけば、1年間は、旧住所に送られた郵便物を新住所に転送してもらえます。そして、NTTへ固定電話の移転手続きを済ませておきます。新しい住居に移ってからは、引越後14日以内に転入届の手続きを行うことが法律で決められています。


なお、よく誤解されていますが、引越をしたからといって本籍地を変える必要は全くありません。もし、本籍を変えるのであれば、引越とは関係なく、いつでも簡単に変更は可能です。


安く引越しするなら無料で引っ越し業者を比較して選びましょう!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ