引越の際はグラスの包み方を確認しよう

引越する日程が決まったら、業者を手配して荷造りを始めなければなりません。荷造りの前にダンボール箱を用意しましょう。


ダンボール箱は引越業者が用意してくれる分もありますが、足りなくなった時は近所のスーパーや小売店に行って貰ってきてもいいでしょう。箱の大きさは、大きいサイズと小さいサイズを取り揃えておきましょう。大きいサイズのダンボール箱には衣類等のかさばる物を詰めていきます。


かさばっても重くない物を入れることがポイントです。雑誌等の重たい物はできるだけ小さめのダンボール箱に詰めていきましょう。


重い物を大きいダンボール箱に入れると、運搬中に落として箱が壊れてしまう可能性があります。引越の荷造りで最も気を付けなければならない物は、グラス等の割れ物です。グラスや陶器の皿、花瓶といった割れ物の包み方をチェックしておきましょう。


新聞紙を使い一つずつ包んでいきます。中でもワイングラスの包み方は他のグラスと同じではいけません。


ワイングラスの場合は細くなっている部分がありますね。細い部分が折れやすいため、あらかじめその部分だけ新聞紙を巻いておきましょう。さらにもう一枚の新聞紙を使い全体を包みます。


皿は下から上に重ねるのではなく、縦にして横に並べていきましょう。


安く引越しするなら無料で引っ越し業者を比較して選びましょう!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ