引越し時にエアコンを置いていく場合

賃貸の部屋に住んでいる人は、借りている部屋にエアコンが付いていない場合など、自らが選んで工事業者に依頼をして取り付けを行っています。自分が付けたものですので、引越しをする時などは、エアコンを取り外して新居に持ち込み、取り付けを行って利用していくのが一般的と言えます。


しかし、引越し先の部屋にエアコンが付いている場合などでは、敢えて引越し時に取り外さず、置いていくケースも有ると言います。比較的新しいものであれば、部屋の貸主側は得するようにも感じられますが、退去をする時には原状復帰を行う事が契約の中で定められていますので、後から設置を行ったものについては自己責任において取り外しを行い、部屋を借りる前の状態に戻すことが必要です。因みに、キッチンなどではガスコンロやガス湯沸かしなどを設置するケースも有りますが、これについても原状復帰を行う事が契約の中で定められている為、退去をする際などは引越し前に取り外しておかなければならないのです。


尚、取り外して行くのか置いていくのかは、大家さんや管理会社に確認をすることで置いていくことが出来る場合も有ります。しかし、許可を得ずに勝手にエアコンを置いていくと言うのは契約上の違反になりますので注意が必要です。


安く引越しするなら無料で引っ越し業者を比較して選びましょう!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ