引越しの時の電気の連絡について

引越しをする時には色々な所に連絡をする必要が有りますが、住居内で利用する電気についてはいつ行えば良いのかです。基本的には、引越しの予定日が決定したら電力会社に対して引越しをする日時を電話で連絡をする事になります。尚、方法としては電話以外にも、インターネットの窓口やファックスなどを利用する事が出来るようになっています。


引越し当日などに作業者となるサービス員が自宅に訪れ、最終分の使用量を電力メーターで確認をします。そのため、住所、契約者の氏名、お客様番号、引越し日時、引越し先、支払方法などを伝えることで手続きが完了になります。


尚、ガスなどの場合ですと当日立ち合いの下で元栓を閉じる必要が有りますが、電気においては玄関先などにあるブレーカーを落とす事で手続きは完了になります。荷物は全てトラックに積み込まれていますので、住居内で電気が使われることは有りません。しかし、ブレーカーを落としておくことで電気の流れを完全にシャットアウトすることが出来るため、電力が使われてしまい、メーターの針が動くことが無くなるのです。


尚、電気料金については、前回の検針日から当日までの使用量を日割り計算で算出をして請求される形になります。


安く引越しするなら無料で引っ越し業者を比較して選びましょう!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ