引越しで不要な家電を処分する際に注意すること

引越しをするときには部屋の中を整理することになりますが、色々といらなくなった家電が出てくることが多いでしょう。また一戸建てに引越す場合や、新しいマンションへ引越すときなどは部屋の大きさや間取りが変わって、今まで使っていたテレビや冷蔵庫、エアコンなどまだ使えるもので不要になることが多々あります。


そんな家電を処分するときに注意することがあります。巷で最近「不要品を無料で引き取ります」や「テレビ・エアコンを格安で引き取ります」といった業者が軽トラックで道路を走っているのを見かけたことがある方もいらっしゃると思います。このような業者の中には無料で引き取ったもののうち価値がある部分、例えば鉄やアルミなどの金属部分や、電子機器の基盤部分だけを分解後に取り出し、いらなくなった部分を河川敷や森に不法投棄してしまう違法業者もいます。


テレビやエアコン、洗濯機といった家電は本来家電リサイクル法という法律に基づき処分料を払って処分すべき家電です。引越でいらなくなったものを処分するときでも、違法な業者に安易に引き渡すことなく、正しい方法で処理するようにしないと思いもしないところで不法投棄や違法処理の手助けをしてしまうことにつながるので注意しましょう。


安く引越しするなら無料で引っ越し業者を比較して選びましょう!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ