引越に伴う住所変更手続きについて

引越に伴って住所変更手続きが必要になるものはいくつもあります。手続きを忘れないようにするためにも、あらかじめ書き出しておき一つずつクリアしていきましょう。転出と転入の届けに関しては市町村役場の方で行います。


引越した後は早目に転入の届けを提出しましょう。転入届けが受理されたら、新しい住所が記載された住民票を数枚取り寄せておくと便利です。


引越に伴う住所変更手続きに住民票が必要なものがあるからです。例えば運転免許証の住所変更があります。運転免許証に記載されている住所を変更するためには、管轄の警察署か運転免許センターに行って手続きを行います。


その際住所を証明する書類として住民票が必要になるのです。自動車を所有している方は、車検証の住所変更も行わなければなりません。


この手続きは運輸支局で行いますが、時間がない方や面倒な方はカー用品店や修理工場等に依頼して代行してもらうという方法もあります。もちろん費用が掛かるので、依頼する前に確認しましょう。自分で行う場合は必要な書類を揃えてから向かいましょう。


発行してから三ヶ月以内の住民票や現在の車検証、車庫証明書等が必要です。方法については担当者に聞きながら行えば難しいことはありません。


安く引越しするなら無料で引っ越し業者を比較して選びましょう!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ