引越にまつわる雑学を知ることの面白さ

引越の雑学について知ることも、人生を賢く生きるために役立ちます。人が家を建てて暮らすようになってからは、引越をする文化も生まれました。


新たな土地へ移って田畑を開梱したり、店を開いたりすることも行われてきました。江戸時代には、引越にまつわる風習が多く生まれ、一部は現在まで引き継がれています。側へ移ってきたということを洒落にして、引越後には蕎麦を近所の人に贈る習慣が生まれました。


親戚や近所の人を呼んで蕎麦を食べて、親交を深めることは現在にも受け継がれています。江戸時代を知るための雑学にとっては、蕎麦はとても重要な存在です。


江戸の町は火災が非常に多い地域でした。昔は木造の建物が中心で、一度でも火災が発生すれば焼け野原になってしまったのです。そのため、江戸の庶民は日常的な火災に備えるために、家の造りは簡素なものとして、大火が発生したときにはすぐに引越ができるようにしていました。


立派な家を作っても、江戸の大火に巻き込まれて焼けてしまえば露頭に迷うことになりますから、家財をいつでも持ち出せる体制を整えていました。引越を何度もした有名人としては、絵師の葛飾北斎が有名です。


同じ土地で長く暮らすと運気が枯渇してしまうと考える人は、住居を何度も変えることで運を呼び寄せています。


安く引越しするなら無料で引っ越し業者を比較して選びましょう!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ