引越の挨拶の際にはどんな手土産が良いのか

引越の挨拶に出向く際には手土産を用意するのが一般的とされています。その際にはどんな手土産が良いのかと言いますと、よく贈られているのがタオルや石けん、乾麺など、多くのご家庭で利用されるであろう粗品です。基本的には贈られた側が「要らない」と思い難いような品物の方が良いとされています。


また、こういった粗品なら金銭的な負担も小さくて済みますので、コストを抑えたい方にも最適です。反対に贈らない方が良いであろう品物もあります。


まず賞味期限の短い生ものなどです。賞味期限が短い食品は迷惑になってしまう事も少なくありませんし、また好き嫌いがあります。贈られる側も迷惑に感じてしまう可能性がありますので避けた方が無難と言えます。


趣味性のある品物も避けた方が良いでしょう。自身が好きだからといって贈るようなケースもあるようですが、相手も気に入ってくれるとも限りません。


趣味のおし付けは嫌がられてしまいますので注意が必要です。粗品を用意して引越の挨拶に出向く際には熨斗を付けてもらう事も大切です。必ず必要という訳でもないようですが、昔からの風習であり、一般常識がある人と見せる事もできます。


粗品を購入する際に引越用と伝えれば熨斗を付けてくれますので気を配ってみると良いでしょう。


安く引越しするなら無料で引っ越し業者を比較して選びましょう!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ