引越しで幼稚園を転園するときの注意点

お子さんがいるご家庭で引越しをした場合、特に気になるのがお子さんの学校や幼稚園がどのようになるのかということでしょう。小学校や中学校は公立の学校であれば学区が決まっているため、仮に引越しした場合でも同じ学区内であるということであれば住所の変更手続きはいるかもしれませんが、転校はしなくても良いことになります。また、保育園については各市区町村で運営する保育園と民間サービスで託児や企業内保育園とでは扱いが異なりますが、市区町村が運営するものはその区域外へ引越すなら退園となりますが、その他民間保育園であれば学区は無いため、特に退園は不要でしょう。


幼稚園についても民間や社会福祉法人が運営する物は私立の小中学校と同様であり、県外からでも通園することができるならば転園は不要です。ただし、あまりにも幼稚園から離れた場所に住んでいる場合だと日々の送り迎えや園で何かあったときのお迎えも時間がかかってた大変なことになるため、近隣から引越したときは退園することが多いでしょう。


幼少期はすぐにお友達もできるため、多少の転園は特に問題が無いでしょうが、まだ幼稚園に通い始めて間もないお子さんの場合はせっかく慣れた幼稚園を転園することになってしまうので、引越しを考えるときはそのあたりのタイミングにも注意することが大切でしょう。


安く引越しするなら無料で引っ越し業者を比較して選びましょう!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ