引越準備が間に合わない時の対処法

引越の準備は、予定日の最低でも1ヶ月前から少しずつすすめておきたいものです。しかし、仕事が忙しく時間がなかったり、面倒事はつい後回しにしてしまい、引越当日になっても準備が間に合わないというようなケースは起こってしまいやすいものです。


そうした時に、どうしたらいいのか対処法を知っておけば安心です。まず引越日の間近になっても準備が進んでおらず、絶対に間に合わないと分かったら、すぐに頼んでいる引越業者に連絡をしましょう。有料ですが梱包を手伝ってくれるサービスを行っている業者も多いですし、延期をするにしても当日キャンセルよりはキャンセル料を安く済ませることが出来ます。


また追加料金を支払いたくないような場合、大きめの家具や家電など自分では運べない物だけ先に運んでもらい、残りの荷物は宅配便で送ってしまうという方法もあります。一人暮らしでそれほど荷物がないのであれば、この方法で対処することも可能でしょう。


ただ荷物が多ければ、その分配送料は高くなるため、どちらが負担が少ないかしっかり確認することが大切です。引越準備が間に合わないという時は、このように対処していけばなんとか乗り切ることが出来るはずです。しかし、費用面や精神的な安心感などを考えれば、やはりこつこつと準備をしておくことが最も重要だといえます。


引越が決まったら、やらなければいけないことをリスト化して一つずつチェックしていくとよいでしょう。


安く引越しするなら無料で引っ越し業者を比較して選びましょう!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ