引越日の運勢を左右する六曜

人によっては、六曜を参考にして引越の日を決めることがあります。結婚式や葬式などの行事のときには特に重視する風習ですが、引越の日を選ぶ場合にも運勢を左右すると考える風習があります。


明治時代や大正時代に生まれた人にとっては特に大切なことで、大安の吉日を選んで挨拶回りを行うことが常識でした。六曜の中で仏滅は大凶とされる日で、何を行うにしても悪い日とされます。仏滅の日に近所に挨拶に行けば、六曜を重んじる年配世代から非難される恐れがあります。


表向きは良好に挨拶ができても、実際には関係が悪くなる場合も考えられます。そのため、挨拶は仏滅には行わないほうが良いのは明らかです。


大安をできるだけ選び、午前中であれば先勝を選んだほうが無難です。大安は吉日として特に大切にされます。引越を行うことは、めでたい行事でもあります。


仏滅に行うよりも、大安に行ったほうが嬉しい気分になります。先勝の場合は、午前中は吉となりますが、午後には凶となります。


逆に先負の場合は午前が凶となり、午後が吉となります。先勝と先負を選ぶ場合には、午前と午後の時間帯にまで配慮する必要があります。友引は葬式では絶対に避けられますが、引越の日としては悪くありません。


大安の日が選べない場合には、友引を選ぶこともよくあります。


安く引越しするなら無料で引っ越し業者を比較して選びましょう!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ