引越し時のガスコンロの注意点について

引越しをする時、自分で購入を行ったガスコンロやガス湯沸かし器は、賃貸の部屋などの場合では原状復帰が必要になりますので、これらのガス器具は取り外して新居に持って行く必要が有ります。原状復帰と言うのは、部屋を借りた時と同じ状態に戻すことであり、賃貸の部屋を借りた後に、エアコンを取り付けたり、キッチンでお湯を使えるようにするため、湯沸かし器を取り付けた場合は、これらを取り外して引越しをしなければなりません。但し、大家さんや管理会社に相談する事で、これらの設備を設置した状態で退去が出来るケースも有ります。


引越しでガスコンロを持って行く場合、注意をしなければならない事が有ります。ガスにはプロパンガスや都市ガスなどの種類が有ります。


また、プロパンガスや都市ガスには、細分化されたガスの種類があり、ガス器具は決められたガスに対して利用が可能で、異なるガスの種類の部屋で以前利用していたガスコンロを使う事は出来ないのです。これはコンロだけではなく、ガス給湯器やガスストーブなども同じですので、引越しをした場合はガスの種類を確認した上で利用する事が大切です。因みに、異なるガスの種類の部屋でガスコンロを利用すると、不完全燃焼を起こす可能性が有るので注意が必要と言います。


安く引越しするなら無料で引っ越し業者を比較して選びましょう!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ