引越しで服を荷造りする時のポイント

引越し作業において、出だしというのは肝心なもので「荷造りを制する者は、引越し作業を制する」と言った考えをするのも良いでしょう。引越し先での荷解きのことを考えたり、天気のことなど、さまざまなことを考えて荷造りをすることが、トラブル回避につながりますので、重要な点を見落とさないよう、しっかりと対応することが大切です。例えば、服を詰めていく時は、やたらと折りたたんで入れたりして、シワがつかないよう注意する必要があります。


また、引越し当日は雨が降りそうだな、と考えたら水濡れから守るために、大きなビニール袋に入れるなどの対策をとることも大切です。ちなみに、あまり着ていない服があれば、今後着るか考える時間を作って、不要と判断すればリサイクルショップに買い取ってもらうのも一つの手です。


こうすれば注意を払う部分が減りますので、引越し作業がいくらか楽になります。荷解きのことを考えた荷造り法としては、ダンボールの外側にペンで情報を書きこんでおくという物があります。どの部屋の物か、誰の服か、服の種類は何か、タンスの何段目の物か、など細かく書いておくとあとで作業がしやすいです。


ナンバリングをしたり、ペンを何色か用意しておき、自分なりにわかりやすい形で作ると良いでしょう。


安く引越しするなら無料で引っ越し業者を比較して選びましょう!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ