引越しするなら家賃は給料の何割が良い?

現在お住まいのアパートやマンションが狭いと感じている方は、もう少し部屋数が多くて広めの物件に引越したいと考えるようになるでしょう。広くて設備が整った新しい物件に引越できたら、今よりずっと快適な生活が送れますね。


賃貸物件を探す時は、何より家賃を重視するでしょう。部屋の広さや設備の状況も気になりますが、条件の良い物件は家賃が高めに設定されています。特に新築物件になると近隣の家賃相場よりも若干高くなっているでしょう。


良い住宅に引越したいのは誰でも同じですが、家賃が高いと家計が圧迫されてしまいます。給料収入から高い家賃を支払ったら、残ったお金で生活しなければなりません。


光熱費や教育費、交際費、雑費等様々な出費がある中で家賃だけに重点を置くわけにはいかないでしょう。家計における家賃の割合は、給料収入の3分の1までとされています。例えば毎月30万円の給料をもらうという方の場合は、家賃は10万円以下に抑える必要があります。


新婚さんやこれから結婚する予定のカップルは二人の給料を合わせて計算するかもしれませんね。将来的に子供が生まれた時のことを考えて、家賃は一人の給料の3分の1と考えましょう。


マイホーム購入時の返済額も同じように考えるといいですね。


安く引越しするなら無料で引っ越し業者を比較して選びましょう!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ