引越し時のダンボールについて

引越しの際の荷作りには、主にダンボールが必需品になります。取り扱いに注意を要する精密機器などには、専用の型枠で作られている特殊なダンボールもありますが、小物であっても、運搬中に破損を防止するための様々な工夫がなされています。これまでは、近隣のスーパーマーケットなどから、使用済みのダンボールを譲り受けて、有効利用することがおこなわれていましたが、引越業者から無償で支給されることも多くなりました。


外側に、会社名やロゴなどが記されていますので、運送中などにおける広告媒体としても、その効果を発揮しています。引越し先に荷物を搬入し終えますと、室内はダンボールの山に囲まれます。


そして、荷物をほどいたあとには、ダンボールそのものがうず高く積み上がり、なかなか引越しが終了したとは言えない状況が続きます。引越し業者としては、無償で支給したからといって、放置することはなく、後日回収に訪れます。アフターサービスの一環として、そして資源の大切さを重視した配慮がなされています。


この一連の流れが完了してこそ、無事引越しが完遂したことになります。新しい生活の始まりにふさわしい、すがすがしい環境が提供されたことになります。


安く引越しするなら無料で引っ越し業者を比較して選びましょう!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ