引越しした後に役所でする手続き

引越しをしたときには持ってきた荷物の荷解きや新しい家電の購入、また古い家電や捨てるものがあればその処分など、色々と行うことがあります。公共料金や携帯電話、銀行口座といったものの住所の変更についても忘れずに行うことが必要となりますが、その中でも一番最初に行うべき手続きは役所での住民票の異動手続きでしょう。役所での住民票転入手続きをしないことには、免許証の住所変更手続きもできませんし、また住所を変える手続きで公的な資料が必要なものとなった場合は基本的に住民票を出すことが多いため、この転入手続きをしないことにはほかの手続きができなくなってしまいます。


また、役所では住民票の転入手続き以外にも、引越ししたときに関係がある、国民健康保険や国民年金の変更手続きやま、お子さんがいる場合であれば、保育園の入園申し込みや小学校などの転校手続きについても必要に応じて行うこととなります。引越ししたときにはやるべきことが多く、役所での手続きの他にもやることが多いでしょうが、何日も仕事を休んだりすることも難しいですので、やるべきことや必要な申し込み・手続きといいたものを事前に洗い出し、効率よく行った行くことが引越しで大切なこととなるでしょう。


安く引越しするなら無料で引っ越し業者を比較して選びましょう!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ