引越しすると健康保険の変更手続きも必要です

引越しをすると住所が変わることになり、市区町村役場の住民課などで転入の手続きをすることになるでしょう。その際に忘れていけないのは健康保険の住所もわすれずに手続きすることです。住民票や郵便物の手続き、公共料金やクレジットカード、銀行口座の住所登録地の手続きも大事ですが、健康保険証の住所変更手続きも大事な手続きのうちの1つです。


国民健康保険に加入している人は転入の手続きをしたときに同時に変更の手続きを案内されることがほとんどです。国民健康保険は市区町村役場での手続きになるので転入時に一緒に手続きしましょう。


会社の健康保険に加入している人は、g逆に市区町村役場で転入手続きしても自動的に住所変更手続きされることはありません。引越しで今までの通勤経路とかわるため、交通費の算定に必要な通勤届を出す必要もあるので、会社でそのような届をするときに確認して必要な届出をしておきましょう。引越ししたときは色々な手続きが必要になり、忘れないでおこうと思ってもついつい忘れてしまうこと手続きもあります。


必要となる手続き事前にメモ帳に書きだすなりしておき、あとから慌てて手続きすることの無いよう、前もって必要な手続きとして何があるのかを洗い出しておくと良いでしょう。


安く引越しするなら無料で引っ越し業者を比較して選びましょう!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ