引越し作業で大事な段ボールへの詰め方

引越しの作業は、重い物を運んだり、いらない物を処分するなど、内容はさまざまですが、物を楽に運び出すために使用する定番アイテムと言えば、段ボールです。そして、この段ボールへの詰め方を工夫するのが、引越し作業の一つのポイントです。


基本的な詰め方としては、つぶれやすい物を上にします。下に入れる物は、平らで段ボールのサイズと合うような物を入れると、変な隙間が出ることがなく安定感が出ます。また、これも基本ですが、洋服、本など種類ごとに詰めて行くと早く詰めて行けますし、引越し先で取り出して収納する時も楽です。


ちなみに、ちょっとした工夫ですが、詰めた後に段ボールの外側にペンで中に何が入っているかを書いておくと、取り扱う際に気にすることができるので便利です。CD、本、服、もっと言えば、アルファベット一文字でも、わかれば問題ないでしょう。


こうしておけば、箱を重ねて積んでいく時などに、注意しやすくなります。ちなみに、ワレモノを包んでいく時ですが、とてもデリケートな物や大事な物であれば、一つ一つ紙や緩衝材で包んでいきたいところですが、何でもかんでも細かくこういった処理をしていたら大変です。物によってはタオルやブランケットで包んだり挟んだりして対応すれば早いですし、あとでゴミが出なかったり、片付けるのが楽で助かります。


安く引越しするなら無料で引っ越し業者を比較して選びましょう!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ