引越し先での郵送物の事前連絡について

引越しの予定が決まったら、電話、電気、水道、ガスなどの公共料金を支払う会社に対し、引越しを行う日時と転居先などの連絡をしておく必要が有ります。この連絡はなるべく早く行うのが良いと言われていますが、目安としては引越し予定日の2週間前に行うのが良いと言います。


但し、引越し間際になりますと、慌ただしさから連絡を忘れてしまう事も有るので注意が必要です。また、忘れてしまいがちなのが郵便局や警察署への転居の連絡です。警察署への転居の連絡は、任意となりますが、運転免許証を所有している場合など、警察署からのお知らせの郵便物が郵送されてくることがありますので、事前に転居の連絡をしておくことで引越し先の住所に郵送されるようになります。


郵便局においても転居の連絡をしておくことで、前の住所に届けられた郵便物は1年間転送が行われ、新居に届けられるようになります。尚、郵便局での転居の連絡は、引越し先への転送サービスの申し込みと言う形になります。


その方法は、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類を持参して郵便局に出向くか、転居届用紙に必要事項を記載してポストに投函するか、もしくはインターネットを利用して転居の連絡を行うかの何れかの方法で行う事が可能になります。


安く引越しするなら無料で引っ越し業者を比較して選びましょう!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ