引越し前と後の冷蔵庫の電源について

住宅の中にある家電品で最も大きいのが冷蔵庫です。家族が多くなることでサイズも比例して大きくなるわけですが、引越し業者の人は大きな冷蔵庫を2名などで軽々運び出していきます。


引越しをする時などは、冷蔵庫の中に有る食材は全て取り出す事が基本です。運ぶ時には設置を行った状態で運ぶのではなく、少し傾けた状態で運ぶ事も有りますので、中身が入っていては困ります。尚、食材が残ってしまう場合は、クーラーボックスを利用したり、発泡スチロールの箱を利用すると便利ですが、どちらも持っていないのであれば、発泡スチロールの箱はスーパーに行くと貰えることが有りますので聞いてみると良いのです。


引越しの前日の夜には冷蔵庫の電源を抜いておく必要があります。電源を抜く理由と言うのは、冷凍庫などについている霜が溶けて、運んでいる時などに水が漏れだしてくるのを防止するためです。


また、引越し当日は水受けの皿にたまっている水を捨てておくことが大切です。この水を捨てずに運べば、水がこぼれてしまいますので忘れずに行うようにします。引越しが完了して冷蔵庫が設置されても直ぐに電源を入れてはいけません。


これはコンプレッサー内部にある潤滑油が、本来流れない配管の方に流れている可能性があるからで、設置をしてから数時間ほどの時間放置し、その後電源を入れるようにします。


安く引越しするなら無料で引っ越し業者を比較して選びましょう!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ