引越し貧乏について

仮に現在、家賃7万円の賃貸住宅に住んでいるとします。昇給がなく、物価はインフレ傾向で生活が厳しくなったきたので、家賃6万円の家に引越ししたいと考えたとします。確かに家賃は、1万円少なくなりますから、その分生活費は、減ります。


しかしながら今の家賃7万円の家に引越しをしてきて、何年くらい住んでいるのでしょうか。もし、1年以内でしたら、1年間で自分が手にできる費用は12万円です。


引越しをするには、費用がかかります。不必要な引っ越しをすればそれだけ手元金は減った行きます。この費用に、もし12万円かかったとすると次の家で1年間は、現在の生活と全く、同じ費用をかけて生活したことになるのです。


昔から引越し貧乏と言われてきました。それは、この費用だけでなく、生活が変わることによる出費の増加も含まれます。


例えば、出勤時の交通費の増加とか時間のロスも含まれます。長く1か所に住めるという確信をもった時とか、転勤とかどうしようもない場合のみ引越しを考えるべきでしょう。自分の生活を豊かに保つために、住む家にも計画性をもち、引越しのような無理に出費をしないで済む費用はできるだけ削る事が、貧乏にならないですむ方法の一つです。


安く引越しするなら無料で引っ越し業者を比較して選びましょう!
引越し価格ガイド


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し侍


詳細はコチラ